楽天モバイルの料金・初期費用・解約・速度に関してまとめました。

楽天モバイルの料金と初期費用

楽天モバイルの料金プランを、詳しく見ていきましょう。料金を月額で比較しつつ、料金をどのていど低く抑えることができるか確認してみて下さい。どれだけ安くなるのか、ここでは、楽天モバイルの料金体系について、契約時の手数料とその後かかる月額基本料から解説します。

楽天モバイルの月額費用

楽天モバイルのプランは、SIMは大きく2つに分類する事ができ、データ通信だけのものと、データ通信と音声通話のものに分かれています。音声通話機能付きSIMだと090や070、080といった携帯で使っている番号が使えるので、今までと同じような携帯電話として使う為には、音声通話が出来るSIMにすれば、今までと違和感なく使うことが出来ます。通話SIMの料金プランは、低速使い放題プランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円となっています。

データ通信専用SIMの料金は、低速使い放題プランで、525円、3.1GBプランで900円、5GBプランで1,450円、10GBプランで2,260円となっています。

通信速度が200Kbpsと遅い回線を使い放題になるのがベーシックプランで、それ以外のプランでは225Mbpsのスピードが出るNTTドコモのLTE高速回線が利用できるプランになっています。端末代は別ですが、初期費用は一律3240円のみとなっています。

解約手数料

最低利用期間と解約違約金について、解説していきます。利用しなければならない期間が特に定められていないのが、データSIMです。自分のタイミングで解約でき、解約手数料は必要ありません。それに対して通話SIMでは12カ月間の縛り期間が定められています。一年以内に解約したい時には、違約金として9,800円支払う必要があるので注意して下さい。キャリアと違うのは、縛り期間が自動更新されない点で、13ヶ月経過すれば、無料解約月まで待つ必要がないのは便利です。

速度について

楽天モバイルのネットワークは、0スピードについては、NTTドコモと同じ回線なので、これまで他のキャリアを使用していたユーザでも不満を感じる事のない安心のスピードですね。dokomoと同じ回線を格安で使用できることは、楽天モバイルの素晴らしいところです。楽天モバイルをはじめとした、格安スマホ・MVNOは、今後どんどん人気が出るのではないでしょうか。

楽天モバイルの通信制限について

どのMVNOでも変わりませんが、私どもと契約していただいた方が気持ちよく同じ通信環境でやりとりできるように、多くデータを使用した人の通信速度がコントロールされます。通信制限がかかるごく最近の3日間のデータの合計に応じて、決められた容量を超過したユーザーに対して、通信の速度にリミットがかかります。直近で72時間、通信量が定められた値に達していなければ、その時点で解除されます。こちらからの手続きは特に不要です。通常の使用量であればまず引っかかることはない制限にはなります。各プランの規定容量 3.1GBプラン:540MB/3日 5GBプラン:1GB/3日 10GBプラン:1.7GB/3日

楽天モバイルとは?

格安スマホや格安SIMを取り扱っている会社の中で楽天モバイルがあります。docomo・AU・Softbankなどからの乗り換えであれば、月々のスマホ代がかなり安くなることも期待出来る格安スマホです。現在、注目を集めているのは1250円/月で使えるという低料金な点ですね。このスマホは、NTTドコモと同じ回線を使っているので、通話品質も対応エリア・電波の強さもdocomoと一緒です。楽天モバイルを契約されている間は、楽天市場でのショッピングに対して2倍のポイントが貯められる特典もございます。今回は、楽天モバイルの料金プランからサポート・店舗情報まで、まとめましたので、楽しく、読んで頂ければと思います。

docomo同エリアの格安SIMサービス!

楽天モバイルの通信回線は、docomoと同じ回線を利用しています。docomoと同じ回線を利用しているので、通信の品質もdocomoと同じで、広範なエリアで使える上、つながらないことが少ないという安心感があります。ドコモのスマホであれば、新たに機種を購入することなく楽天モバイルでも使えます。スマホをお持ちでない方やこれを機に機種変更をされたい方のために、楽天モバイルはセットでの販売も用意しています。ドコモのスマホを利用中の方であれば、楽天モバイルのSIMカードを契約するだけで今までと同様に利用することができるのです。スマホ本体を新規に買う必要が省けますね。ドコモ回線を利用するので安心ですし、格安でスマホを利用できるサービスなのです。

セットの格安スマホがたくさん!

現在、楽天モバイルの対応対象外のスマホを使用している場合には、新たにスマートフォンを購入する必要があります。この場合、セット販売のプランを申し込んでいただく事になりますが、気になる端末選びについては、非常にたくさんの種類があり、他のMVDOと比べると選べる幅も広がります。 また、スマホに限らず、タブレット端末の機種も豊富で選択肢に迷ってしまうほどです。楽天モバイルの弱点のひとつとも言えるのが、分割払いでの契約は楽天カードのみ、という点です。もし、契約時に楽天カードをお持ちではない場合、スマホ代金は分割ではなく、一括払いする必要があります。しかし、楽天モバイルの種類の多さはMVNOの中で一番なのは大きなメリットです。

高速通信量の翌月繰り越しに対応

プランごとにデータの通信料は異なりますが、容量ギリギリまで使う月もあれば、少量しか使わない月もあると思います。このような時、楽天モバイルなら、残った分は繰り越して、翌月に使用できます。案外、このサービスを行っていないMVNOも少なくなく、翌月繰越しが対応可能な楽天モバイルは大変魅力的だといえます。通信量を余らすともったいないので、余らせた分を次の月に繰り越して使えるのはとてもいいサービスです。

電話代が半額!楽天でんわ

楽天でんわは、通常の通話料が半額になるため、電話代がお安くできるサービスです。IP電話ではなく、プレフィックス型と言われる通話サービスなので、通話相手には発信元の電話番号が通知される仕組みになっています。相手に表示される電話番号は、日常使いしている番号です。相手には、電話サービスを変えたことは気づかれません。IP電話のほとんどは、電話の相手側に対して非通知発信しかできなかったり、050の番号が通知されてしまったりと少々使いづらいですが、楽天電話はその点に関しても非常に使いやすくなっています。さらに、楽天でんわから発信した通話料は、楽天ポイントの加算対象で、使用した分だけポイントになります。とてもお得ですね!これだけじゃありません。

5分かけ放題オプションとは?

docomo、au、ソフトバンクの3社は一定額で通話し放題のプランがありますが、MVNOは、ほとんどかけ放題には対応していません。MVNOの格安スマホは魅力的だけど、比較的通話回数が多いから不安だなー。という方も安心。楽天モバイルの新サービス、月額850円で、1回5分の通話が回数制限なく無料になるという「5分かけ放題オプション」が登場です。この5分かけ放題オプションは、楽天でんわと同等の回線を利用する為、発信者番号通知も、楽天でんわや通常発信のように対応でき、いつもと変わらない、話し放題の電話を楽しめるのが、醍醐味です。似たようなものにNifMoの通話し放題サービスがありますが、発信者番号通知できないケースがあるようで完璧なものではないようです。楽天でんわの通話料であれば、通常1分約21円の通話料がかかりますので、目安としては、月1時間以上話す方にお勧めのオプションですね。

最初の1ヶ月は無料

楽天モバイルのSIM契約を行うと、初めの1ヶ月は料金がタダになります。初めの1ヶ月とはいつを指すのでしょうか。SIMカードあるいはスマホ本体が、自分のところに到着した日を基準としますので、到着がが5月15日とすれば、その日から5月いっぱいのおよそ2週間です。到着日によっては、丸々1ヶ月無料になりますね!月初めに契約をした方が無料になる日が多いのでお得な感じがしますが、現在利用してるスマホの契約との兼ね合いもあるので、月の初めまで待つことが良いとは限りません。解約や乗り換えの時期は慎重にどうぞ。

今月開催中のキャンペーン

抜群に速いと評判のUQモバイルの速度│格安スマホ「UQモバイル」の料金やサービスの特徴など

UQモバイルの速度が抜群に速い!

MVNOがいろいろとある中でUQモバイルは、通信速度が速いという特徴が知られています。格安SIMアワード2015で示されたように、UQモバイルは通信速度部門で1位を受賞しています。快適で速い通信を最優先したい人に、高速通信環境を安定して提供してくれるUQモバイルが一番の選択肢になりますね。UQモバイルを始めとした、格安スマホ、MVNOが広がっていきそうで、今後がとても楽しみですね。

UQモバイルにおける3日間制限

どのMVNOでも変わりませんが、契約者が同じ条件で利用できるよう、データ通信を使いすぎのユーザーには速度を抑える措置をとっています。これは、三日前から今日までの通信利用したデータ容量から計算し、一定の限度を越えてもなお、アクセスし続けようとする利用者に対して、200Kbpsの速度規制が行われます。3日間で規定容量を超えなければ、速度制限が自動的に解除となります。通常使用している一般的な使用量であれば、あまり適用される事のない処置ですので、気にする必要は無いと思います。各料金プランごとの規定容量は規定されていないようで、各プラン共通で直近72時間で1GBが規定値に設定されています。

UQモバイルの評価まとめ

数ある格安スマホ会社の中でもUQモバイルの最大の魅力と言えば、なんといっても通信速度の早さが最大の魅力と考えられます。通信の優位性の高さは、ネット等でも太鼓判を押されており、料金プランはそれほど多彩ではなかったり、月額の価格は若干高くなってしまうものの、しかし、それらを考えても、総合的にみればとても魅力的なSIMといえるでしょう。格安スマホの購入を考えている方には魅力的な選択肢となることでしょう。

満足度が高い高速通信のスピード

UQモバイルの紹介をさせてください。やはり他社を圧倒する高速な実効速度なしでは語れません。私自身、さまざまなMVNOと契約しておりますが、時間帯を問わず安定した通信速度を維持することができるため 、1番信頼できるSIMです。知り合いの間で、私は即、UQモバイルと答えるでしょう。と問われたら、UQモバイル以外には思いつきません。他のMVNOより月々数百円、料金はあがりますが、安定した高速通信に関しては他を凌駕するものがあり、快適に利用できるので、それを考えると安いものだと思います。

UQモバイルとは?

UQモバイルは、auやAU、Softbankなどの大手携帯電話キャリアよりも使用料が安くすむMVNOの1つです。大手携帯会社のdocomo、AU、softbankなどからの乗り換えなら、月々のスマホ代がお得になるサービスです。なんといっても毎月の代金が1680円から利用できるのですから、いま、大注目なのも頷けますね。AU回線を利用しているUQモバイルは、そのおかげで、通話エリアの範囲にしても音声の品質にしてもAUのスマホに全く引けをとらないというのも利点になっています。UQモバイルは、SMS月額費用無料、テザリングも無料など、付帯サービスでオトクなものが多いです。それでは、早速!UQモバイルの速度や解約・店舗情報など、UQモバイルのすべてを網羅しました。ぜひ、楽しんで頂ければと思います。

AUの基地局を使った格安SIM・格安スマホ

モバイルルーターの老舗UQコミュニケーションズのUQモバイルでは、AU回線を使用しています。ですので、通話の品質はAUと比べてもなんら変わりはありませんし、サービスエリアも広範囲でつながりやすさは信頼できます。端末はAUのスマホならばたいていの機種がそのままUQモバイルの端末としてご利用できます。また、端末はAUから買わなくてはならない訳ではなく、UQモバイルからSIMフリースマホセットで購入することもできます。すでにAUのスマホをお持ちの方は、SIMカードのみの契約でUQモバイルの利用を開始できますので、わざわざ新規でスマホを買う必要が無いというのが大きな魅力です。UQモバイルはAUの回線を使用していながら、利用料金を安く抑えることができる格安スマホ・格安SIMサービスなのですね。

高品質通話VoLTEプランがある

UQモバイルといえば、VoLTE対応プランがあるとして話題になっています。でははたしてVoLTEとはどういったものなのでしょうか。VoLTE、それは今までの音声通話に比べ、音質が格段に改善された、通話方式の名称としては新しいものです。従来の音声通話が対応できる周波数は、300Hz~3.4kHzまででした。今では50Hz~7kHzの周波数までの音を聞き取ることができます。そのため、今までよりも格段に品質の高い通話音声が出来るようになったのです。UQモバイルの大きな魅力のひとつが、このVoLTEに対応しているということです。

翌月くりこしにも対応

UQモバイルにおいては、データ通信量の翌月への繰越もできるため月によってデータ通信量が大きく変わる方でも、繰り越しをうまく活用することで、データ量の制限を気にせず使えるのはオトクなことですね。UQモバイルには、ターボ機能というものも用意されていて、高速通信と低速通信に切り替えができる機能です。ターボ機能によりデータ容量を無駄に消費することがなくなるため経済的に使用できますね。

UQコミュニケーションズの格安スマホの月額と解約

UQモバイルの料金プランや通信速度についてご紹介します。あなたの現在の電話代とどれくらい違うかを比べながら、UQモバイルに変えると、どのくらい通信料金を削減できるのか、ぜひ読んでみてください。 月額費用と初期費用をチェックしてみましょう。

UQモバイルの料金プラン・初期費用

UQモバイルの料金は、データ通信専用の格安SIMと音声通話付きSIMは2つで料金が異なります。音声通話SIM使用では070/090/090の番号を使いますので、070/080/090から始まる携帯電話と同等の機能をご希望の場合は、必ず音声通話付きのSIMカードを選択してください。くれぐれもデータ通信専用SIMと間違わないように注意してください。通話SIMの料金プランは、データ無制限+音声通話プランで2,680円、データ高速3GBプランで1,680円となっています。

データSIMの月額費用は、データ無制限プラン:1,980円、データ高速3GBプラン:980円となっています。

UQモバイルの契約縛り

UQモバイルの解約制限に関して、説明していきます。データSIMは、最低利用期間の決まりはありません。つまり、いつ解約しても余分な手数料は必要ないということです。その一方で、通話SIMについては最低12ヵ月は利用することが契約条件となっています。もし、一年間使用せずに解約してしまうと、違約金の9,500円を支払わなければなりません。大手のキャリアでは、最低利用期間が終了しても、自動的に縛り期間が更新されてしまいますが、13か月以上利用なされた場合は、その後いつ解約しても違約金は発生しないので安心してご利用することができます。

終了間近のキャンペーン

Umobileの口コミってどう?速度や通信制限・解約に関する評判まとめ

Umobileの口コミ

Umobileの魅力といえば、LTEを無制限に使える点にあるでしょう。docomoと同じ品質のLTE回線で容量の制限を受けることなく高速通信ができるというのは、他の携帯会社では考えられないサービスです。高速通信が使い放題というプランを利用すれば、ライバル他社から乗り換えることで 、毎月のスマホ代が節約出来る可能性も秘めています。

音声SIMなら、毎月400~600ポイントバック!

利用者数も多い、大注目の動画配信サービスのU-NEXT内で使用可能な、U-NEXTポイントを月毎にもらえるところも魅力です。LTE使い放題2プランでは、毎月400ポイントをGET!その他のプランでも、毎月600ポイントがGETできます! 「U-NEXT」では1作品300円程の値段が一般的なので、月2本程度無料で視聴できることになります。U-NEXTは国内外問わず、映画やドラマ、アニメやバラエティーなど様々なジャンルを取り扱っています。1ヶ月にかかる費用は3000円以下、なのにポイントが400~600ポイントもGETできるというのは、素晴らしいサービスなのではないでしょうか。

Umobileの通信速度

あらゆるMVNOのうち、Umobileは、docomoと同じLTE回線を利用した格安スマホのサービスです。通話可能範囲や通信速度において非常に定評があり、安心して利用できます。

Umobileにおける3日制限

どのMVNOでも変わりませんが、契約している全ての方々が快適な通信が利用できるよう、データ通信量が一定の量を超えたユーザーには、速度制限を実施しております。これは、直近3日間(直近72時間)で使用したデータ通信が、予め決まっている量を越した方に対しては、速度制限が適応され、通信速度が遅くなるよう設定されています。もし、直近の利用日の3日間で規定量を超えなければ、自動的に対象外となるのです。普通の使用方法を守っている限り、制限に該当するかどうかは、そんなに心配しなくても大丈夫でしょう。直近3日でどれだけ通信すると規制の対象となるかは明記がありませんでした。

Umobileの特色

今人気となっているMVNOの1社であるUmobileは、動画配信サイトでよく知られているU-NEXTが運営しているMVNOです。U-NEXTは2015年に東証一部上場して一段と大きくなって、上場した事で更に信頼と安心感が増し、まだ知名度の低い企業の中では珍しく、人気MVNO5本指に入るほどの実力派です。格安スマホの中では珍しいことなのですが、LTE高速回線の使い放題ができるプランもあります。いつでも、無制限でLTEを使いたい方にはUmobileをお勧めします。というわけで、今回は、Umobileのキャンペーン情報からMNP情報まで、すべてをまとめました。ぜひ、楽しんで頂ければと思います。

docomoのネットッワークを利用した格安スマホサービス

Umobileはdocomoの回線を使用しながら、格安料金のサービスを提供しています。docomoの回線は業界でも安定した品質を実現しているので、Umobileも安心して使用でき、通信可能エリアも広く、つながりやすいので快適に使えます。docomoで使用できるスマートフォンを所持している場合はたいてい、その機種をUmobileでも使う事ができます。もし、docomoのスマホをお持ちでないなら、UmobileではSIMフリーのスマホとセットでの提供も行っておりますので、そちらを利用することも可能です。docomoのスマホを利用中の方であれば、UmobileのSIMカードを契約するだけで今までと同様に利用することができるのです。スマホ本体代が高い…とお嘆きの方にもこれは朗報です。新しいスマホを買う必要はなし!月々の支払に追われず、節約になります。これは嬉しいですね。定評のあるdocomoの回線を安く使えて、SIMもまた安いという、いいとこ取りの通信サービスがUmobileというわけなのです。

高速通信が無制限!

「LTE無制限」これはUmobileが展開する格安スマホとしては珍しいプランがあり、30社近いMVNO事業者のほとんどがLTE使い放題に対応していないため、このプランにより、Umobileが多くのユーザーの支持を受ける人気のMVNOになったと言えるでしょう。高速通信を無制限で使いたい方にとっては、通信の際の容量などに気を使う必要もありませんし、とてもメリットが大きなプランです。そして驚きなのはその料金。なんと毎月3000円で無制限プランが契約できます。大手キャリアと比較しても、月額料金の安さは一目瞭然。どれだけスマホ代の節約になるかは容易に想像がつきます。毎月の利用料金を節約したいと考えている人には、Umobileがおすすめです。下り最大225Mbpsの通信速度は、ネットサーフィンやストリーミング動画の視聴に最適で、これらを頻繁に行う方には大いにプッシュさせていただきたい格安スマホです。もっと詳しくLTE使い放題プランについて知りたい方は、ぜひUmobile公式サイトをのぞいてみて下さい。

オンラインで即日MNPにも対応

Umobileの魅力の一つは、MNPに即日対応となっていますので、今までどおりに使うことができる点です。MNP届け出方式を使っているUmobileでは、ネットを利用した簡単な開通手続きをすることで、切り替えの間、携帯やスマホが使えなくなることがありません。今までは、お店まで行かないと即日MNPには対応出来ませんでしたが、今では、自宅からでも出張先からでも、簡単にネットを利用して回線切替の手続きができるようになったのです。不通期間ができるのが足枷となって、ためらって居た人には、安心して他社へ乗り換えることができる仕組みです。その際の手続きですが、まずはSIMカードが郵送されます。それが手元に到着した後に、Uモバイルのマイページにログインをし、回線切替というボタンを押下する事により、手続きは完了となります。SIMカードを入れ替えて、ボタンを押すだけの簡単MNPなら格安スマホに乗り換えが簡単ですね。

Umobile料金と解約

Umobileを利用するのに必要な費用はどれくらいなのか、順を追って説明していきます。現在ご利用中のスマホ料金と比べると、月々のスマホ請求代金がどのくらい違うのか、目安にしてみると検討しやすいでしょう。それでは、月額プランを見てみましょう。

Umobileの料金プランと初期費用

Umobileの月額プランは、SIMにはデータ通信専用のものと、音声通話付きのものの2種類があります。070/080/090番号が使えるものには、 音声通話SIM適応されますので、今までと同じような携帯電話として使う為には、音声通話もできるSIMを利用しないといけませんので気をつけてくださいね。音声通話SIMの月額プランは、3GBプランで、1,580円、5GBプランで1,980円、LTE使い放題プランで2,980円、LTE使い放題プラン2で2,730円となっています。

データ通信専用SIMの料金プランは、1GBプラン:790円、5GBプラン:1,480円、LTE使い放題プラン:2,480円です。

まず音声SIMの「LTE使い放題2プラン」というものがあります。これは解約期間が決まっていて、12ヶ月間の縛りがあるのですが、月額の利用料金でLTE使い放題プランよりも優位性を持たせており、250円引き下げられるという内容のプランです。

Umobileの解約違約金

Umobileの解約縛りに関して、解説していきます。利用しなければならない期間が特に定められていないのが、UmobileのデータSIMです。自分のタイミングで解約でき、解約手数料は必要ありません。しかし、音声通話SIMは最低6ヶ月利用しなければいけないという規定があります。6ヶ月利用せずに解約手続きした場合は、違約金として6,000円支払う必要があるので注意して下さい。大手のキャリアですと、黙っていると契約期間の縛りが勝手に更新されていきますが、こちらは後発だけに、7ヶ月以上利用すればいつでも解約できますし、違約金もかかりません。

LTE使い放題2の解約違約金

Umobileの利用規約で、LTE使い放題2プランのみ、解約やプラン変更について他のプランとは違う条件が設定されています。契約後、6か月以内に契約を解除するのであれば、違約金として9,500円をお支払いただきます。6ヶ月を超える7ヶ月~12ヶ月目で解約する場合にも違約金は発生しますが、この場合は3,500円を支払えば解約する事が可能です。プラン変更の場合にも11ヶ月以内のの場合には3,500円の変更手数料が必要になります。このように、他プランと少し異なる点は事前に頭に入れておいてください。解約違約金が高い設定ですが、月額料金が割引となるプラン設定をさせていただいているためですので、利用期間が1年以上になる方であれば、オススメはLTE使い放題2プランの方になります。

今月開催中のキャンペーン情報

mineoの料金や速度・評判ついての要約│72時間制限や解約について解説!

mineo料金

mineoの料金や初期費用・通信速度をご紹介していきます。今使っている携帯電話やスマホの月々の料金と比べて、いくら携帯代が安く出来るか、読んで頂ければと思います。では、月額費用と初期費用を見ていきましょう。

mineoの月額費用

mineoの料金プランは、今話題の格安SIMは、大きく分けてデータ専用SIMと、音声通話可能SIMがあり、料金も異なります。070/080/090番号を使いたい場合は音声SIMを選ぶことにより今までと変わらずに電話がかけられるので、携帯電話として利用することが多い方は、データ送信のみのSIMではなく、データ送信も通話も出来るSIMを選択してください。通話SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MB:1,310円、1GB:1,410円、3GB:1,510円、5GB:2,190円、10GB:3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:1,400円、1GB:1,500円、3GB:1,600円、5GB:2,280円、10GB:3,220円となっています。

データ通信専用SIMの月額プランは、Aプラン(AU回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MB:700円、1GB:800円、3GB:900円、5GB:1,580円、10GB:2,520円となっています。

mineoの最低利用期間

mineoの解約制限と解約手数料、これは事前に把握しておきましょう。mineoは利用しなければいけない期間がないMVNOので、解約違約金は発生しません。解約違約金の心配が無いという事は、気楽に格安スマホを試せるので、非常に魅力的なMVNOの一つです。しかし、1年以内に他社に乗り換えると、12,420円の手数料がかかってしまいます。通話SIMで契約した場合は、これらが適用されてしまうので注意しておいてください。

mineoスマホの特徴まとめ

MVNOであるmineoでは、格安SIMと格安スマホを展開しています。現在のキャリアからmineoに乗り換えることで、月々の料金を大幅に安くすることができます。。たった1,310円/月で格安SIMを使うことが出来るので、ユーザーの間でもmineo(マイネオ)は注目を集めています。国内で初めてのマルチキャリア格安スマホサービスで、docomoプランとAUプランがあるMVNOとして話題となっています。通信回線もdoomoとauと同じ品質で、格安でも品質は変りません。mineoへのMNPを検討している方の為に、mineoがなぜ話題なのかをまとめたレポートになります。mineoの長所・短所交えながら、ご紹介します。

docomoとdocomo・AUネットワークを使った格安スマホサービス

mineoでは、docomoの回線を利用するプランとauの回線を利用するプランの二種類が選べます。音声通話の品質もdocomoやAUと変わりなく良いですし、スマホを使用できる範囲も当然同じです。docomoやAUのスマホをご利用の場合、そのままのスマホを引続き使えるので、スマートフォンを新しくしなくても大丈夫です。機種代がかからないというのは大きいですね!mimoで販売されている格安スマを新しく購入するすることもできます。docomoやauを使っていた方には今まで同様の回線を安く使用することが可能になりますし、異なるキャリアのプランを選んだとしても、どちらも実績のある回線ですから、回線の選択を自分の状況に合わせて、docomoかAUで選んでプランを組む事ができます。選ぶ際には、好きな方ということもそうですが月額料金の違いも見比べて検討してみてください。

VoLTE対応!

mineoはMVNOの中でも早くからVoLTEに対応したことで話題となりました。VoLTEというのは、最新の通話方法の名称です。最新の音声通話の名称のことです。従来の音声通話では、人間が認識可能な周波数のうち300Hz~3.4kHzまでの範囲しか拾うことができませんでした。しかしVoLTEでは50Hz~7kHzまで拾うことができるようになり、より自然に近い状態で聞き取れるようになりました。そのためVoLTEは今までの音声通話と比べて、高品質な通話を行うことが可能となりました。mineoの大きな魅力の一つにVoLTEに対応しているということがあると言えるでしょう。

データ容量くりこしも可能

mineoに関しては、データ量は次の月に繰越もできるようになっており、毎月使用するデータ量にけっこうばらつきがあるという人でも、前月の残り分をそのまま使えるのでデータ量が多いときにも安心のうれしいサービスですね。

mineoスイッチを駆使して、通信量を抑える!

mineoスイッチというものもありますので、通信の速度を高速モードと低速モードの間で自由に切り替えられます。データ量のムダな消費を節約出来る便利な機能です。mineoのスイッチと公衆無線LANを適切に組み合わせれば、より安価な料金プランで済ますこともできます。スマホ代を格安に済ます一つの手段でしょう!

mineoの通信速度

MVNO型モバイルサービスのmineoは、実際どのくらいの通信スピードなのか、具体的に紹介します。docomoの回線のプランではLTE回線で最大225Mbps、AU回線のAプランでも225Mbpsの通信サービスになっています。デジタル家電情報などを載せている雑誌などにも書かれていますが、混雑する時間帯に関しては、mineoはキャリア契約しているものには、通信速度は劣ってしまいます。通信速度を気に掛ける方であれば、間違いなくキャリア契約の選択をおすすめします。しかし、一月あたりの料金は断然安いので、mineo等の格安スマホは優れたサービスといってよいでしょう。

mineo AU回線プランにおける帯域制限

どのMVNOでもそうですが、契約者が公平で快適な通信が行えるように、一部のユーザーが大量にデータのダウンロードをしようとした場合などに、回線スピードの速度制限をかけるという規制を行っているのです。速度を制限する基準には直近3日間のデータ通信量が用いられ、定められたデータ容量を超えた人に対して、速度制限措置が取られます。200Kbpsの速さとなります。通信速度が元に戻るには、直近3日間で使用したデータの量が既定の値より少なければ解除されます。普通の使用方法を守っている限り、制限に該当するかどうかは、そんなに心配しなくても大丈夫でしょう。mineoの場合、各料金プランごとの規定値は規定されていないようで、Aプランは、各プランともに、直近3日で1GBが規定値となっているようです。

mineo Dプランにおける3日制限0

mineoで、D(docomo)回線プランを契約すると、直近3日間に使用したデータ通信量による速度制限がありません。一日のデータ通信量の合計が日によってバラつきがある人は、au回線よりもdocomo回線の方が、3日制限について気にする必要なく使用することができます。このような違いも考えた上で、プランを決めると良いと思います。

mineoのキャンペーン

IIJmioの料金と解約について│みおふぉんのサービス詳細

IIJmio料金と解約について

月々の料金や通信速度など、IIJmioの概要について説明します。現時点で請求されているスマートフォン利用料金と照らし合わせながら、支払額にどのくらいの差があるのか、比較対象できると思いますので是非とも参考になさって下さい。それでは、早速、料金プランの詳細をチェックしていきましょう。

料金プラン

IIJmioの月額プランは、データ専用のSIMと音声通話ができるSIMの2種類あります。通話SIMには070/080/090番号が使えるというメリットがあるので、SIMをこれまでの携帯電話と同様に通話用として使いたいときには、音声用のSIMを使わなければいけないので気をつけましょう。音声通話SIMの月額プランは、ミニマムスタートプラン(3GB)で1,600円、ライトスタートプラン(5GB)で2,220円、ファミリーシェアプラン(10GB)で3,260円です。

データ通信専用SIMの料金プランは、ミニマムスタートプラン(3GB):900円、ライトスタートプラン(5GB):1,520円、ファミリーシェアプラン(10GB):2,560円です。

IIJmioの最低利用期間

IIJmioの解約制限と解約違約金に関して、解説していきます。最低利用期間の規定は、IIJmioのデータSIMにはありません。契約を解除したいと思ったら、余計な手数料を支払うことなく行えるのは嬉しいことですね。しかし、音声通話SIMは最低12ヶ月利用しなければいけないという規定があります。もしも、12ヶ月以内に解約してしまうと、違約金として9,000円が掛かる事になりますので、利用期間も十分考慮する必要がありそうです。大手キャリアは縛り期間が自動更新されてしますが、13ヵ月経過した時点で違約金を支払う必要がなくなるので、その点は有難いことですね。

IIJmioスマホのユニークポイント

これから「みおふぉん」というネーミングの格安スマホと格安SIMについて紹介します。このサービスは株式会社インターネットイニシアティブが提供しています。「みおふぉん(IIJmio)」はインターネットイニシアティブが提供している音声通話付き格安SIMサービス、いわゆる格安スマホのことで、MVNOサービスが開始された当初から使用していた方であれば、 IIJmioは馴染のある名前です。ユーザーが選ぶ「格安SIMアワード2015」で総合部門で最優秀賞に輝いた「みおふぉん(IIJmio)」。この賞の受賞により、ブランド力はもちろん、サービスや品質において充実しているいうことが言えます。IIJmioへのMNPを検討している方の為に、IIJmioのキャンペーンやプラン変更まで、すべてをまとめてみました。圧縮した携帯料金を何に使うか考えるだけでワクワク。

docomo回線網を利用した格安スマホ

IIJmioはdocomoと同じ回線を使用しています。なので、docomoと同等の高い通話品質を保持し、通信可能エリアも広く、つながりやすいので快適に使えます。IIJmioの凄さは、docomoのスマホがそのまま使えるというところにもあります。ごく一部を除いた大半の機種が対応しています。勿論、本体も必要となった場合にはIIJmioからSIMカードとセットでの購入プランも用意されています。もしも現時点でdocomoによるスマホを保有しているなら、SIMカードだけで契約手続きを完了させることができるので、スマホ本体を有効にできるのはお財布に嬉しいですね。ドコモの信頼度などはそのままで、広い範囲をカバーしている通話環境の理由からも安心です。しかもリーズナブルに利用できるという、とてもお得なサービスです

バースト機能採用で、快適な低速通信

IIJmioは低速通信時でもWebを快適に使えるようにする「バースト機能」をサポートしています。バースト機能とはどういう機能なのか、説明しいていきましょう。IIJmioのバースト機能は速度制限がかかっている状態でも、最初の3秒間ほどは高速のデータ通信を行えるもので、通信をスムーズにする機能となっております。この機能のおかげで、低速通信で接続をしていてもブラウザ表示が高速で行われ、まだ表示されない!ってイラっとすることがなく、より便利にインターネットを使えるので、今、注目を集めているのです。ただ、IIJmioとDMMモバイルでしか採用されていない機能となっています。

データ通信量の繰越し対応!

データの通信量はプランによって変化しますが、時によってはあまり使用しなかったためにデータ容量がたくさん余ってしまう月もあります。しかしIIJmioであれば、このような場合にも、余った分を捨てることなく翌月に繰り越すことができます。このようなデータ容量を翌月に持ち越すことができないMVNOも少なくなく、余らせた通信量を次の月に繰り越して使うことができるIIJmioは魅力的です。使いきれずに余った通信量が無駄にならないことは、利用者にとっては嬉しい話です。

家族利用で更にお得、SIMカード最大10枚

IIJmioでSIMを追加するサービス「ファミリーシェア」を利用すれば、利用可能なSIMカードの数をこれまでの3枚から10枚までと改定することになりました。お子様からおじいちゃんおばあちゃんまで家族みんなでIIJmioへ乗り換えれば、いま利用している携帯料金よりも、大幅に料金を圧縮する事ができます。家族全員分でその割引分を考えてみると、かなりの節約効果を享受出来ることでしょう。家族全員分の携帯代のコストカットを考える良い機会となるでしょう。もちろん、購入後のフォローもしっかりしているので、初めて利用する方でも安心して使えます。お子様が利用する事に対し不安を抱いているのであれば、みまもりパックというオプションを追加することも可能なので、お子様を不快なサイトから守る事もできます。

IIJmioの評価

IIJmioの魅力は、サポートのきめ細やかさはもちろんのこと、MVNOとしての歴史、すなわち、信頼と実績にあります。実際に顧客満足度調査の格安SIMアワードでの受賞結果からも、この結果からもツーザーの満足度は高いということが言えます。サポート体制として、電話対応も十分満足いただけるだけのものを備えており、機械が苦手だと言う方でも、格安スマホデビューするMVNOとしてはオススメできます。

アフターサポートもしっかりし、速度も速いのがヘビーユーザーにも良し

IIJmioの口コミや評判を見ていると、その理由は、ユーザー数が多いにもかかわらず通信速度が安定して速いことと、アフターサービスが良いことでしょう。格安SIMアワード2015ではユーザーの投票結果により、総合部門で最優秀賞を受賞するほどの実績をほこっています。あなたが選ぶとしたらこれ以外に考えることはありません。何も迷わず決める事が出来ます、数多くあるMVNOの中でブランド力が強くて老舗なので信頼もされているMVNOです。利用者の多くが満足度が高いMVNOとして支持しているので、格安スマホ、格安SIMを今後検討されている方にとっては、間違いの無い選択になると思います。

みおふぉんの速度

昨今、数多あるMVNOサービスにおいてIIJmioは、225Mbpsのdocomo4GLTE回線を利用した人気のサービスとなっています。その回線速度や対応エリアには安心感があります。また時間帯や混雑状況に左右されることなく安定した通信速度を維持し、ネット上の口コミや評判などでも、さすがは人気MVNOと言えるだけある、高評価を得ている事が多いようです。通信速度が速くて安定感のあるMVNOを利用したいのなら、IIJmioを利用すれば二つのニーズを満たすことができると思います。

IIJmioの速度制御

IIJmioの場合、最近三日間で利用した低速通信での通信量が多い場合に、通信速度に上限が設定されることがあります。高速通信利用中には、この72時間制限の対象にはなりませんので、ご心配は無用です。ユーザーが平等に使えるように、データ通信を使いすぎている利用者に速度制限をしています。具体的には3日あたりの通信容量が、規定の通信量を超えた利用者には、速度制限が適応され、通信速度が遅くなるよう設定されています。ここ3日の通信量が、決められ量に届かなかったら自動的に制限解除となります。しかし、よほどのヘビーユーザーでもない限りはあまり心配する必要はないでしょうが、規制の存在を心に留めておくくらいはしておいても良いかと思います。

終了間近の割引キャンペーン

DMMモバイルの口コミと速度、料金について調べてみました。

DMMモバイルの口コミ

DMMモバイルで実感できるメリットといえば、なんといっても格安SIMならではの料金の安さと高速通信の速さですよね?毎月支払う料金が格安なことと、通信時に体感速度が安定していることをどちらも重視する場合には、とても良い、MVNOだと思います。口コミサイトの評価見てみると、多くの書き込みに、安さと速さにあるようです。

通信速度が安定しているのが人気の理由

DMMモバイルの魅力としてよくレビューされているのが、速い実効速度で高速通信が安定して使えるということです。月額料金の安さの上に、速いスピード通信ということで、最近、急激に人気が集まっているようです。また、DMMポイントが10%還元されるという事もあり、料金、通信速度を重視するならば、ピッタリなスマホと言えますよね?格安スマホを使用するなら、DMMモバイルを使用するのが良いでしょう。

DMMモバイルの気になるポイント

DMMモバイルは、人気MVNOの一つであり、ご存知の方も多い動画配信サイト「DMM.com」運営の格安スマホサービスです。DMMモバイルの魅力の一つとして、他社と比較して、価格面で最も優位に立っているという点があります。スマホの月額料金にこだわる方が最初に検討すべきMVNOと言えます。気になる通信速度も速くて安定感がありますし、インターネットを使用する場合においても、不自由なく使うことができます。前置きはこの辺にして、DMMモバイルのキャンペーン情報からMNP情報まで、すべてをまとめました。気持ちを楽にして読んでみてください。

docomoの基地局を使った格安SIMサービス

DMMモバイルはドコモの回線を使っているMVNOのひとつです。そのため、DMMモバイルはドコモと同じ高い通話品質で利用でき、サービスエリアもdocomoと同じ範囲をカバーしているので、つながりにくさを心配する必要もありません。対応している機種は、docomoのスマホであるならばその大半がDMMモバイルでも使用可能です。さらに、SIMフリースマホというDMMモバイルの商品を一緒に買うことも出来ます。もともとNTT docomoのスマホをお持ちの方なら、端末を購入する必要がないので、新たにスマホ本体を購入する必要もありませんので、とてもお財布にやさしい乗り換えということになります。ドコモの信頼度などはそのままで、広い範囲をカバーしている通話環境の理由からも安心です。しかもリーズナブルに利用できるという、とてもお得なサービスです

iPhoneが割賦契約可能

iPhoneの分割購入は、DMMモバイルで可能である特長が存在します。多くの格安SIMサービス会社では、海外製の格安SIMフリー端末をラインナップし、 iPhoneのような高価な機種はほとんど取り扱っていません。しかしDMMモバイルはiPhoneも取り扱っていて、最新のiPhone6も取り扱っています。iphoneを分割で購入することを希望するのであれば、最新のiPhone6でも分割購入できるプランがあるDMMモバイルが一番魅力的に思えます。MVNOでiPhoneを買いたいと思うのであれば、DMMモバイルを視野に入れるといいです。ただし、DMMモバイルのiPhoneは売り切れになっていることも多く、在庫が確認できる状況なら、お早めにお申し込みください。

余ったデータ容量の翌月繰越しに対応

契約するプランが違うと通信データ量も違ってきますが、月によってはほんの少ししか利用しないときもあるでしょう。それは、もったいないと思われる皆さん、DMMモバイルならば、残っているデータ通信量の分を翌月に繰越しできるありがたいサービスがあります。MVNOの中には、データの次月持越しに対応していないものもあるため、こういったサービスを提供しているDMMモバイルは、なかなか優秀だといえます。データ通信量を繰り越すサービスで、格安スマホをさらにお得に利用できそうですね。

即日MNPもできる!

DMMモバイルは、即日MNPに対応している点が他者と比較しても魅力的な点となっています。お申し込み時に、MNP転入方式を、「届出方式」にしていただくと、ネットから申し込みするだけで、不通期間なしでMNPが可能となっております。今までは、店頭にいって直接申し込まなければ出来ませんでしたが、現在は、店舗へ出向かず自宅で、即日MNPができるようになっています。MNP時に回線が不通になることが原因で、格安スマホへ乗り換えを考えていた方でも、気軽にMNP出来ます。手続きは簡単で、SIMカード到着後にDMMモバイルマイページの回線切替ボタンを押すだけです。
MNP切り替えが少ない手間で済むため、格安スマホへの変更がかなり楽になりました。

DMMモバイル契約期間中、毎月もらえるDMMポイント

DMMモバイルの新規申し込みをすると契約期間中ずっと、毎月利用した金額の10%ものDMMポイントが還元される、お財布に嬉しいキャンペーンが開催中です。このキャンペーンの対象は、月々の基本料金プラス通話料やオプションなどの料金も対象になるので、DMM.comで動画視聴したい!って人には非常にお得なキャンペーンになります。他の携帯会社と比べても、月額料金が安いモバイルなのに、10%のDMMポイントによる還元サービスもつくとなると、価格の面で考えると、MVNOの中で最も優れていると言えるでしょう。スマホ代をどうにかして安く抑えたい方には、DMMモバイル、かなりおすすめです。

バースト機能で、低速時がより快適に。

DMMモバイルではバースト機能とよばれる機能を利用できることをご存知でしたか?バースト機能がどのようなものか、その特徴について触れてみます。この機能は、通信速度が低いときに働くもので、初めに1秒ないし3秒ほどの間だけ高速で通信して、表示スピードを向上させ、Webページ等をスムーズに閲覧することができる機能となっています。これにより、低速通信においても、表示速度が高速化される為、低速通信を利用しているときのイライラが減少し、ストレスなくインターネットが利用できるので、とてもおすすめな機能です。ただし、この機能を搭載しているモバイルはllJmioとDMMモバイルに限るようです。”

DMMモバイル速度

たくさんの数が存在するMVNOの中でも、DMMmobileは、大手キャリアドコモの225MbpsLTE回線を使っています。回線速度の速さや対応可能な地域の広さには安心をご提供します。また、通信速度は常に高速で、口コミサイトの評価を見ても、人気に見合った高めの評価が多い様子がうかがえます。安心して使える通信速度が速くて格安のスマホをお探しなら、そんな方に最適なMVNOがDMMモバイルと言えるでしょう。

DMMモバイルにおける速度制御

DMMモバイルでは、低速通信時の注意点としては、使用条件によっては速度制限がかかってしまうことがありえます。具体的には、直近3日間(当日は含まず)の通信量が合計366MBを超えてしまった場合です。しかし、高速通信を利用している場合には、いずれのデータ通信量であっても72時間制限の影響を受けることはありません。どのユーザーも同じように通信できる環境を確保するため、多くのデータを通信利用した者に、速度制限の処置を取っています。これは、三日前から今日までの通信利用したデータ容量から計算し、あらかじめ定められた通信量を超過した場合について、200Kbpsという低速通信が実施される事です。この制限を解除するための条件は、直前の3日間のデータ使用量が制限値を下回ることです。解除は自動で行われます。通常使用している一般的な使用量であれば、あまり適用される事のない処置ですので、気にする必要は無いと思います。

DMMモバイル料金に関して

DMMモバイルの使用を検討するために、料金形態や通信速度について紹介しましょう。現在のスマートフォン代金と比較して、DMMmobileでどれだけスマホ代を安くできるか、よく見比べて比較検討の材料にしてみて下さい。どれだけ節約できるか、料金プランの詳細を見てみましょう。

DMMモバイルの料金プランと初期費用

DMMモバイルの料金プランに関しては、SIMというのは音声用とデータ用と2種類あり、料金も異なります。070/080/090の番号が使えるのが、音声通話ができるSIMなので、従来のキャリア端末と同様にご使用されたい場合は、データ専用のSIMではなく、音声通話ができるSIMを選ばなければなりません。音声通話SIMの料金は、ライトプランで1,140円、1GBプランで1,260円、2GBプランで1,470円、3GBプランで1,500円、5GBプランで1,970円、7GBプランで2,560円、8GBプランで2,840円、10GBプランで2,950円、15GBプランで5,270円、20GBプランで6,790円です。

データ専用SIMの料金プランは、ライトプランで440円、1GBプランで590円、2GBプランで770円、3GBプランで850円、5GBプランで1,210円、7GBプランで1,860円、8GBプランで2,140円、10GBプランで2,190円、15GBプランで4,570円、20GBプランで6,090円です。

DMMモバイルの解約縛りについて

DMMモバイルの解約制限と解約手数料に関して、ご紹介していきます。解約の話ですが、データ通信専用SIMのみをお使いの場合でしたら、最低利用期間については全く気にすることはありません。つまり、いつ解約しても余分な手数料は必要ないということです。しかし、音声通話SIMは最低12ヶ月利用しなければいけないという規定があります。仮に、12ヶ月以内に契約を解除するのであれば、9,000円の違約金がかかりますので、ご注意ください。大手キャリアの場合、縛り期間が自動更新されキャリアと違い、13ヵ月経過した時点で違約金を支払う必要がなくなるので、その点は有難いことですね。

いま開催中の限定キャンペーン