楽天モバイルの料金・初期費用・解約・速度に関してまとめました。

楽天モバイルの料金と初期費用

楽天モバイルの料金プランを、詳しく見ていきましょう。料金を月額で比較しつつ、料金をどのていど低く抑えることができるか確認してみて下さい。どれだけ安くなるのか、ここでは、楽天モバイルの料金体系について、契約時の手数料とその後かかる月額基本料から解説します。

楽天モバイルの月額費用

楽天モバイルのプランは、SIMは大きく2つに分類する事ができ、データ通信だけのものと、データ通信と音声通話のものに分かれています。音声通話機能付きSIMだと090や070、080といった携帯で使っている番号が使えるので、今までと同じような携帯電話として使う為には、音声通話が出来るSIMにすれば、今までと違和感なく使うことが出来ます。通話SIMの料金プランは、低速使い放題プランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円となっています。

データ通信専用SIMの料金は、低速使い放題プランで、525円、3.1GBプランで900円、5GBプランで1,450円、10GBプランで2,260円となっています。

通信速度が200Kbpsと遅い回線を使い放題になるのがベーシックプランで、それ以外のプランでは225Mbpsのスピードが出るNTTドコモのLTE高速回線が利用できるプランになっています。端末代は別ですが、初期費用は一律3240円のみとなっています。

解約手数料

最低利用期間と解約違約金について、解説していきます。利用しなければならない期間が特に定められていないのが、データSIMです。自分のタイミングで解約でき、解約手数料は必要ありません。それに対して通話SIMでは12カ月間の縛り期間が定められています。一年以内に解約したい時には、違約金として9,800円支払う必要があるので注意して下さい。キャリアと違うのは、縛り期間が自動更新されない点で、13ヶ月経過すれば、無料解約月まで待つ必要がないのは便利です。

速度について

楽天モバイルのネットワークは、0スピードについては、NTTドコモと同じ回線なので、これまで他のキャリアを使用していたユーザでも不満を感じる事のない安心のスピードですね。dokomoと同じ回線を格安で使用できることは、楽天モバイルの素晴らしいところです。楽天モバイルをはじめとした、格安スマホ・MVNOは、今後どんどん人気が出るのではないでしょうか。

楽天モバイルの通信制限について

どのMVNOでも変わりませんが、私どもと契約していただいた方が気持ちよく同じ通信環境でやりとりできるように、多くデータを使用した人の通信速度がコントロールされます。通信制限がかかるごく最近の3日間のデータの合計に応じて、決められた容量を超過したユーザーに対して、通信の速度にリミットがかかります。直近で72時間、通信量が定められた値に達していなければ、その時点で解除されます。こちらからの手続きは特に不要です。通常の使用量であればまず引っかかることはない制限にはなります。各プランの規定容量 3.1GBプラン:540MB/3日 5GBプラン:1GB/3日 10GBプラン:1.7GB/3日

楽天モバイルとは?

格安スマホや格安SIMを取り扱っている会社の中で楽天モバイルがあります。docomo・AU・Softbankなどからの乗り換えであれば、月々のスマホ代がかなり安くなることも期待出来る格安スマホです。現在、注目を集めているのは1250円/月で使えるという低料金な点ですね。このスマホは、NTTドコモと同じ回線を使っているので、通話品質も対応エリア・電波の強さもdocomoと一緒です。楽天モバイルを契約されている間は、楽天市場でのショッピングに対して2倍のポイントが貯められる特典もございます。今回は、楽天モバイルの料金プランからサポート・店舗情報まで、まとめましたので、楽しく、読んで頂ければと思います。

docomo同エリアの格安SIMサービス!

楽天モバイルの通信回線は、docomoと同じ回線を利用しています。docomoと同じ回線を利用しているので、通信の品質もdocomoと同じで、広範なエリアで使える上、つながらないことが少ないという安心感があります。ドコモのスマホであれば、新たに機種を購入することなく楽天モバイルでも使えます。スマホをお持ちでない方やこれを機に機種変更をされたい方のために、楽天モバイルはセットでの販売も用意しています。ドコモのスマホを利用中の方であれば、楽天モバイルのSIMカードを契約するだけで今までと同様に利用することができるのです。スマホ本体を新規に買う必要が省けますね。ドコモ回線を利用するので安心ですし、格安でスマホを利用できるサービスなのです。

セットの格安スマホがたくさん!

現在、楽天モバイルの対応対象外のスマホを使用している場合には、新たにスマートフォンを購入する必要があります。この場合、セット販売のプランを申し込んでいただく事になりますが、気になる端末選びについては、非常にたくさんの種類があり、他のMVDOと比べると選べる幅も広がります。 また、スマホに限らず、タブレット端末の機種も豊富で選択肢に迷ってしまうほどです。楽天モバイルの弱点のひとつとも言えるのが、分割払いでの契約は楽天カードのみ、という点です。もし、契約時に楽天カードをお持ちではない場合、スマホ代金は分割ではなく、一括払いする必要があります。しかし、楽天モバイルの種類の多さはMVNOの中で一番なのは大きなメリットです。

高速通信量の翌月繰り越しに対応

プランごとにデータの通信料は異なりますが、容量ギリギリまで使う月もあれば、少量しか使わない月もあると思います。このような時、楽天モバイルなら、残った分は繰り越して、翌月に使用できます。案外、このサービスを行っていないMVNOも少なくなく、翌月繰越しが対応可能な楽天モバイルは大変魅力的だといえます。通信量を余らすともったいないので、余らせた分を次の月に繰り越して使えるのはとてもいいサービスです。

電話代が半額!楽天でんわ

楽天でんわは、通常の通話料が半額になるため、電話代がお安くできるサービスです。IP電話ではなく、プレフィックス型と言われる通話サービスなので、通話相手には発信元の電話番号が通知される仕組みになっています。相手に表示される電話番号は、日常使いしている番号です。相手には、電話サービスを変えたことは気づかれません。IP電話のほとんどは、電話の相手側に対して非通知発信しかできなかったり、050の番号が通知されてしまったりと少々使いづらいですが、楽天電話はその点に関しても非常に使いやすくなっています。さらに、楽天でんわから発信した通話料は、楽天ポイントの加算対象で、使用した分だけポイントになります。とてもお得ですね!これだけじゃありません。

5分かけ放題オプションとは?

docomo、au、ソフトバンクの3社は一定額で通話し放題のプランがありますが、MVNOは、ほとんどかけ放題には対応していません。MVNOの格安スマホは魅力的だけど、比較的通話回数が多いから不安だなー。という方も安心。楽天モバイルの新サービス、月額850円で、1回5分の通話が回数制限なく無料になるという「5分かけ放題オプション」が登場です。この5分かけ放題オプションは、楽天でんわと同等の回線を利用する為、発信者番号通知も、楽天でんわや通常発信のように対応でき、いつもと変わらない、話し放題の電話を楽しめるのが、醍醐味です。似たようなものにNifMoの通話し放題サービスがありますが、発信者番号通知できないケースがあるようで完璧なものではないようです。楽天でんわの通話料であれば、通常1分約21円の通話料がかかりますので、目安としては、月1時間以上話す方にお勧めのオプションですね。

最初の1ヶ月は無料

楽天モバイルのSIM契約を行うと、初めの1ヶ月は料金がタダになります。初めの1ヶ月とはいつを指すのでしょうか。SIMカードあるいはスマホ本体が、自分のところに到着した日を基準としますので、到着がが5月15日とすれば、その日から5月いっぱいのおよそ2週間です。到着日によっては、丸々1ヶ月無料になりますね!月初めに契約をした方が無料になる日が多いのでお得な感じがしますが、現在利用してるスマホの契約との兼ね合いもあるので、月の初めまで待つことが良いとは限りません。解約や乗り換えの時期は慎重にどうぞ。

今月開催中のキャンペーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です